処女の奇妙な冒険

あたいが『処女』よッ!チュミミ~ン!!

乳首に関して

乳首ってすごい。


大学一年生の時、上京して初めての1人暮らしが始まりました。
兎に角、興奮しながらTSUTAYAのアダルトビデオコーナーに行ったことを覚えています。

家族を気にすることなく自慰ができる。
世界はわたしの味方だと思っていました。


でも、私はTSUTAYAのレンタルAVコーナーで知ってしまったのです。
陥没乳首の存在。

衝撃でした。
私が今まで過ごしてきた乳の世界をはるかに凌駕していました。

興奮すると硬く立ち上がる勇敢な淑女であるはずの乳首さま。
なぜ、乳の中に隠れておられるのですか????????!


あり得ない、あっちゃいけない。
乳首が乳の中に埋もれるなんて、乳首としとのアイデンティティーを失っている。

第一、乳首が埋まっている状況でどうやって愛撫するんだ!
唾液が溜まって気持ち悪くないのか!?

信じられない。



でも、これは向かい合わねばならない現実でした。



改めて自分の無知を恥じました。
そりゃ、乳首だって恥ずかしいよね!
世界中に何億と乳首があるんだから、二つくらい隠れたい乳首もいるよね!


私は乳首について、上辺だけしか理解していませんでした。


だから、TSUTAYAから帰ってきて調べました。
たくさんたくさん調べました。
乳首の種類について丁寧に教えてくださったGoogle先生には、今でも感謝しています。


世の中には様々な乳首があるみたいです。
陥没、色黒、乳輪肥大、色白、プラスドライバー、マイナスドライバー…。
乳首にピアスを開ける種族の人もいるようです。



乳首からは、人間の無限の可能性を教えてもらった気がします。