処女の奇妙な冒険

あたいが『処女』よッ!チュミミ~ン!!

ごま

おへそのゴマをとると
おなかが痛くなるよ。

 

夜口笛を吹くと
蛇が来るよ。

 

こーゆー類の話を
両親やおばあちゃんから聞いて
いまだに信じてしまう。

 

とっても純粋な処女なんです。
えっへん。

 

 

最近、乳首(というか乳輪?)が肥大した件については
以前ぷろぐに書いたんですが、
やっぱり肥大が気になるので最近は
よく自分のおっぱいを見ていたんですな。

 

お風呂上りとかにおっぱいの写真撮ってみたりして、
昨日のおっぱいの写真と比べたりして、
そのくらい真剣に乳首と向き合っていたんですね。

 

そしたら気づいてしまって、
自分の「乳垢」に。

 

なんか、乳首ってよく観察すると
将来母乳が出ると思わしき穴?
小さい穴的なものがあるんですよ。

 

そこに乳垢があって。

びっくりしました。

へそのゴマとおんなじで、
乳首にもゴマが出来るんですね。

 

乳首といえどそりゃあ皮膚だから
当然といえば当然なのかもしれないですが、
びっくりしました。

 

ちなみに乳垢は無味・無臭です。

もっと女性雑誌では乳首が肥大しない方法とか、
乳垢の駆除方法とか、
乳首をピンク色にする方法とかについて
特集を組むべきだともいました。

 

乳垢はニベアの青缶をぬって3分くらい放置して、
クリームが柔らかくなったら綿棒で優しく駆除しました。

(へそのゴマもこうやって取るいいと聞きました)

 

 

 

乳のゴマに悩んでいる処女すべてにこのエントリを捧げたい。

 

ふぁいてぃん!