読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

処女の奇妙な冒険

あたいが『処女』よッ!チュミミ~ン!!

いい人間になりたいと15歳からずっと思ってる。

3連休中2日間を暴食と睡眠で潰して頭が痛くて、やっと外に出てBOOKOFFに行って本を買い込んで、深夜に読みふけって感傷的な気持ちになっています。
 
客観的にみたらイタい奴だなぁとおもう。
自分自身でも、己に酔った醜い姿だとおもう。
 
でも、このエモい気分の自分が嫌いじゃない。
 
いい人間になりたい。
良い、善い、好い、優い、人間になりたい。
 
でも、中々いい人間にはなれない。
 
私はよく、人のことをいいなぁ〜と思うのですが、当たり前の事だと思う。
 
だって、私は絶対に私以外の人生を生きることはできないのだから、私以外の人間が生きる様子を羨ましく思ったり憧れたりすることは至って普通の事だ。
 
ナーンバーワーンにならなくてもいい元々特別なオーンリーワーン、
だと分かっているからこそ、自分以外のオーンリーワーンに興味を持ちいいなぁ〜という言葉がこぼれ落ちるのだ。
 
私には、まだまだ「人は人、自分は自分」なんて聞き分けを良くすることは出来ない。私は私で最高だなんて盲目になれない。
 
どんぐりの背比べをして、ささやかなことに一喜一憂して、精神不安定な人間だ。
 
けど、あと数十年生きるからきっと、きっと想像も出来ない私が進んだ時間の先にいるから、今は醜く割り切れないジタバタした人間でいいともお思う。
 
今はこの醜くさを精一杯やり切って味わう時間だから。
 
バシャバシャ足掻くもがく苦しむ自分も愛おしい存在だとおもう。
 
結局わたしは自分が大好きなんだ。
 
根本では自分が大好きで期待しているんだ。
 
 
いい人間になりたい。
いい人間になりたい。
いい人間になりたい。
 
 
どうするのが正解か私も誰もわからないから、明日もがんばる。